ファクタリング

ファクタリングで支払いサイトを調整できる?仕組みと理由を徹底解説

ファクタリングは、キャッシュフローの改善に効果的な手段です。

ファクタリングでキャッシュフローが改善できる理由は、支払いサイトの短縮にあります。

掛債権の支払いサイトを短縮することで、手元のキャッシュに余裕をうむことができるのです。

ここでは、ファクタリングによる支払いサイト短縮の仕組みや、ファクタリングの概要について説明しています。

支払いサイトとは何か?

ファクタリングは支払いサイトを短縮することができます。

支払いサイトとは、債権の発生から資金回収までにかかる期間のことです。

つまり、ファクタリングにおける支払いサイトとは、売掛債権の発生日から支払期日までの期間のことを指します。

一般的に、支払いサイトは短ければ短いほどキャッシュフローが良くなります。

しかし、売掛債権の支払いサイトは数カ月以上かかることもめずらしくありません。

そうなると、キャッシュフローが悪化して、最悪の場合、黒字倒産してしまうおそれが出てきます。

そんなリスクを軽減する手段として有効なのがファクタリングです。

ファクタリング会社に、売掛債権を買い取ってもらうことによって、支払期日前の現金化が叶います。

ファクタリングとは?支払いサイトが短縮できる理由

ファクタリングなら、支払いサイトの短縮が可能です。

その理由は、ファクタリングの仕組みにあります。

最短なら、即日で現金化できるため、キャッシュフローの改善にはもってこいの手段なのです。

ここからは、ファクタリングで支払いサイトが改善できる理由を説明していきます。

ファクタリングとは?支払いサイトが短縮できる理由

  • ファクタリングの概要
  • ファクタリングは二種類ある

ファクタリングの概要

まずはファクタリングの概要から説明します。

ファクタリングとは、ファクタリング利用者とファクタリング会社との間で締結する「売掛債権の売買契約」です。

利用者は、保有する売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことにより、支払期日前の現金化を叶えます。

支払期日に関わらず現金化できるという特性から、支払いサイトの短縮には非常に効果的な手段です。

支払期日前に債権を資金化できる手段は限られています。

支払いサイトを短縮したい企業の多くにとって、ファクタリングは頼もしい味方になるでしょう。

なお、ファクタリングでは、支払期日到来前の売掛債権だけが対象とされています。

支払期日到来後の売掛債権についてファクタリングを利用することはできないので、注意してください。

ファクタリングは二種類ある

ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります。

2種類の違いを端的に言うと「売掛先が契約に関わるかどうか」です。

それぞれの仕組みについて、順番にみていきましょう。

2社間ファクタリングでは、契約時に売掛先が関与することはありません。

利用者とファクタリング会社の2社間だけで、契約が完結します。売掛先にはファクタリングの事実が知らされない以上、ファクタリング会社は売掛先に直接支払いを請求することはできません。

売掛債権の支払期日になると、売掛先から利用者に支払いがされるので、そのお金を利用者からファクタリング会社に送金するというスキームが2社間ファクタリングの基本です。

3社間ファクタリングでは、契約時に「売掛先の承諾」を要します。

つまり、ファクタリングの事実を売掛先に知らせなければなりません。

売掛先の承諾を得れば、ファクタリング会社は支払期日になると債権を売掛先から直接回収できます。

ファクタリングを利用する注意点

ファクタリングの利用に際しては、下記の点に注意が必要です。

ファクタリングを利用する注意点

  • 手数料がかかる
  • 審査がある
  • ファクタリング会社によって質が異なる
  • 売掛先の信用力が下がる可能性がある
  • 売掛金額が限度額になる

注意点について、順番にくわしくみていきましょう。

手数料がかかる

ファクタリングの利用には手数料がかかります。

手数料の名目の詳細は割愛しますが、もっとも高額なのが、売掛債権額に対するパーセンテージ方式で算出される利用手数料です。

手数料の定め方はファクタリング会社ごとに異なりますが、相場はあります。

手数料の相場は、2社間ファクタリングで10~30%、3社間ファクタリングで1~10%です。

2社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社は売掛先から債権を直接回収できないため、そのリスクのぶんだけ手数料が高く設定されています。

審査がある

ファクタリング利用に際しては、審査があります。

ファクタリング会社が、売掛先や利用者の信用度を審査するのです。

ファクタリング会社が知りたいのは「売掛債権の回収可能性」であることから、利用者よりも売掛先の信用度が重視される傾向があります。

金融機関で融資を受ける際も審査は必須ですが、ファクタリングの場合は、金融機関よりも審査が緩いケースが多いです。

ファクタリング会社によって質が異なる

ファクタリング会社によってサービスの質が異なる点にも注意が必要です。

手数料の定め方や審査基準はファクタリング会社それぞれですが、せっかくお金と手間をかけてファクタリングを利用するのですから、良いサービスを受けたいところではないでしょうか。

担当者の対応の丁寧さや、コミュニケーションのスムーズさなどは、相談時にある程度は測れるので、しっかりと見極めてください。

手数料が高すぎると感じた場合は、他社との相見積をとるなどして比較検討しましょう。

売掛先からの信用力が下がる可能性がある

3社間ファクタリングには手数料の安さというメリットがある一方、売掛先に知られるデメリットがあります。

売掛先がファクタリングの事実を知れば「資金繰りに難航しているのだな」と経営状態に疑いをもたれかねません。

そういった疑いを持たれたくないのであれば、3社間ファクタリングよりも2社間ファクタリングのほうがリスクは少なくすみます。

ただし、2社間ファクタリングでも、債権譲渡登記がファクタリング利用の条件になっている場合は、売掛先に知られる可能性がないとはいえません。

売掛金額が限度額になる

ファクタリングの注意点として、「売掛債権額が資金の調達可能限度額になる」ことが挙げられます。

つまり、売掛債権額を超える金額は、ファクタリングでは調達できないのです。

売掛債権額以上の金額を調達したいのであれば、金融機関からの融資など、別の方法を検討することをおすすめします。

ファクタリングで支払いサイトを短縮するとどうなる?

ここからは、ファクタリングで支払サイトを短縮することによる効果を以下の順番で説明していきます。

ファクタリングで支払いサイトを短縮するとどうなる?

  • キャッシュフローが安定する
  • 金融機関からの融資を検討しないで良い
  • 自社の支払いサイトにも余裕が持てる

キャッシュフローが安定する

キャッシュフローは、企業でも個人でも非常に重要です。

キャッシュが手元にないと、最悪の場合は黒字倒産の危機に陥ってしまいます。

黒字倒産とは、決算上は黒字であるにもかかわらず、手元にキャッシュがないために資金繰りが悪化して倒産することです。

潤沢なキャッシュがあるかどうかで経営の先行きが決まる部分が大きいといっても過言ではありません。

ファクタリングなら支払いサイトを短縮できるため、キャッシュフローの改善にはもってこいです。

特に、債権発生から回収までの期間が長い建設業などの業界においては、キャッシュフロー改善目的でファクタリングが利用される傾向にあります。

金融機関からの融資を検討しないで良い

ファクタリングによって支払いサイトを短縮できます。

支払いサイトを短縮する目的は、手元にキャッシュを確保しておくことです。

キャッシュを確保する手段として一般的なのが、「金融機関からの融資」ではないでしょうか。

たしかに、金融機関から融資を受けることができれば話は早いです。

しかし、金融機関の融資は、融資実行までに時間がかかるというデメリットがあります。

つまり、至急の資金ニーズには対応しにくいのです。

また、審査が厳しいため、長期間待っても希望通りの融資を受けられるかどうかはわかりません。

ファクタリングなら、金融機関の融資に比べて審査は厳しくないため、スピーディにキャッシュを調達できる可能性が高いです。

自社の支払いサイトにも余裕が持てる

利用者が他社から材料などを仕入れる場合などは、利用者が支払う側(売掛先)になります。

仕入れから他社への支払期日までのサイトが短いと、手元からキャッシュがどんどんなくなり、キャッシュフローの悪化につながりかねません。

自社の支払いサイトが長い場合は、なおさらです。

キャッシュがなかなか入ってこないのに、どんどん出ていくという状態は経営を圧迫します。

ファクタリングを利用することで支払いサイトを短縮できるため、手元のキャッシュにも余裕がうまれます。

他社への支払いサイトが短いためにキャッシュフローに不安がある場合にも、ファクタリングを利用することで解決につながるでしょう。

ファクタリングは取引先からの支払いサイトを短縮できる

支払いサイトの長短は、キャッシュフローへダイレクトに影響します。

支払いサイトが長ければ長いほど、黒字倒産のリスクも大きくなるので、手遅れにならないうちにファクタリングなどの手段で解決を図りましょう。

ただし、ファクタリング会社選びには慎重さが必要です。

手数料やファクタリング実績、担当者の丁寧さや迅速性などをしっかりとチェックして、信頼できるファクタリング会社を選んで下さい。

-ファクタリング

© 2020 資金調達アンテナ Powered by AFFINGER5