ファクタリング

調剤報酬ファクタリングとは?仕組みとメリット・デメリットを解説

調剤報酬ファクタリングをご存じでしょうか。

薬局が調剤報酬債権を譲渡し、資金調達する手法であり、広く利用されているファクタリングの一種です。

保険制度により、窓口での報酬が一部しか受け取れず、国保(国民健康保険団体連合会)や社保(社会保険診療報酬支払基金)からの支払いも2か月近く待つことになる現状を考えると、調剤報酬ファクタリングが資金繰りを改善する効果は高いと考えられます。

この記事では、調剤報酬ファクタリングの利用を検討する方の材料になるよう、調剤報酬ファクタリングの仕組みとメリット・デメリット、留意点などをお伝えします。

調剤報酬ファクタリングとは?

調剤報酬ファクタリングは、薬局が利用するファクタリングであり、「調剤報酬の支払いを受ける権利」をファクタリング会社に買い取ってもらうことです。

調剤報酬は、患者さんの自己負担分が1~3割で、その残りの額は、国保や社保から支払ってもらいます。

しかし、国保・社保から支払ってもらえるのは、1~2か月先となります。

その間、例えば高額な薬剤の仕入れを大きく増やす、ITシステムを導入するなど大きな費用がかかる時は特に資金繰りが問題になります。

あるいは処方箋の受け入れの数が多く、売上を依存している病院の倒産・統廃合など、外部環境が悪化するようなことがあると、資金繰りが一気に悪化する可能性があります。

そんな時に調剤報酬ファクタリングを利用することで、調剤報酬を早く現金化して資金繰りを改善させることができます。

調剤ファクタリングの仕組みは、一般の事業会社が売掛金をファクタリング業者に譲渡するのと同じで、債権譲渡の仕組みを用います。

調剤報酬ファクタリングの流れ

調剤報酬ファクタリングでは、調剤報酬をファクタリング会社に売却することによって資金を調達することができますが、第三者である国保・社保が関与する必要があります。

調剤報酬ファクタリング取引の流れは以下の通りです。

調剤報酬ファクタリングの流れ

  • ファクタリング会社へ申し込みをし、審査を受ける
  • 国保・社保への通知
  • 契約
  • ファクタリング会社による債権の買取と支払
  • 国保・社保からファクタリング会社へ支払

このように、3社間ファクタリングの流れとよく似ていますが、具体的にどんな流れと仕組みで薬局が資金を調達できるのか、以下でご説明します。

ファクタリング会社へ申込み&審査

調剤報酬ファクタリングも、一般の事業会社の売掛金についてのファクタリングと同様、最初はファクタリング会社への申し込みと、ファクタリング会社での審査から始まります。

薬局は必要金額や申込み情報などを添えて、ファクタリング会社へ申込みを行います。

その後、国保や社保への請求書など必要書類を提出して審査が開始になります。

一般のファクタリングと比べると審査は厳しくはないですし、また手続きも比較的シンプルです。

ファクタリングは、売掛先の信用を中心に考えて審査しますが、国保や社保は潰れる心配がありません。

したがって、ファクタリング会社の回収不能のリスクも少なく、厳しい審査が不必要と考えられます。

国保連等への通達や契約など

審査で問題がなければ、薬局はファクタリング会社へ調剤報酬を譲渡する旨を国保や社保に通知します。

通知しておくと、支払機関である国保・社保は、支払日が来たら、ファクタリング会社へ調剤報酬の支払いを行います。

その後、薬局とファクタリング会社の間では、正式にファクタリング契約を締結します。

ファクタリング会社は、額面の80%ほどの金額を薬局等の事業者へ支払います。

これは、調剤報酬明細書(レセプト)が適切なものとして100%承認されるわけではないことを加味して、ファクタリング会社では「掛目」という割合をおおむね80%で設定しているためです。

明細書の送付や支払いをする

薬局は、国保・社保に毎月調剤報酬明細書(レセプト)を送付します。

国保・社保は、明細書を精査し、不備がなく承認されたレセプトに対して支払いを行います。

国保・社保から支払う先は、通常の場合は薬局になりますが、ファクタリング取引をしている場合、支払先はファクタリング会社になります。

国保・社保が支払を終えたら、ファクタリング会社は手数料を引いた残金を薬局に支払います。

手数料の相場は0.25%〜1%とされています。

掛目のために差し引かれていた金額がここで精算されることになりますが手数料は差し引かれます。

残額の支払いで調剤報酬に関するファクタリング取引の一連の流れが終了します。

調剤報酬ファクタリングのメリット

調剤報酬ファクタリングのメリットは早期に現金が手に入り、財務状況の改善が見込めることが一番ですが、それ以外にもあります。

メリットをあげると以下のとおりです。

調剤報酬ファクタリングのメリット

  • 財務状況が改善する
  • 比較的手数料が安価
  • 金融機関への借入よりも審査が緩い

それぞれ少し詳しく見ていきましょう。

財務状況が改善する

ファクタリングは、本来1~2か月後に支払われる報酬を受け取る期間を早くすることができます。

調剤報酬は、当月の報酬の明細書を翌月の締め切りまでに国保や社保に送付、その次の月に国保や社保から支払いを受ける、というサイクルになっています。

しかし、ファクタリングにより従来よりも手元にキャッシュが潤いますし、借金ではないので負債の部には計上されません。

このことから財務状況の改善につながります。

また、ファクタリングは、利用者に資金の使途が限定されるようなことはありませんので、ここで手に入れた現金は、設備投資・当座の運転資金など目的を定めず、自由に使うことができます。

比較的手数料が安価

調剤報酬ファクタリングの手数料の相場は0.25%〜1%であり、安価に資金調達ができます。

借入の場合は、金利が安い場合でも1%以上は金利がかかりますので、それから比べると、割安な資金調達ということができます。

ただし、業者により、調剤報酬ファクタリングの手数料にはかなり幅があるため、できるだけ手数料の安い業者を選ぶようにしましょう。

ところで、一般的なファクタリングの手数料相場は次の通りです。

一般的なファクタリングの手数料相場

  • 2社間ファクタリング・・・10%~30%
  • 3社間ファクタリング・・・1%~10%

3社間ファクタリングの仕組みとよく似ている調剤報酬ファクタリングは、3社間ファクタリングよりも手数料が安価ですが、これは国保や社保が国の機関であり、倒産や支払不能に陥る危険がほぼないと考えられているためです。

ファクタリング会社が売掛先から回収不能になるリスクを減らす役割をするのが手数料です。

しかし、調剤報酬ファクタリングの場合、そもそもリスクが低いので、ファクタリング会社が手数料を高くする必要はあまりない、ということになります。

金融機関への借入よりも審査が緩い

調剤報酬ファクタリングでは、債権回収の相手が国の機関なので審査ハードルが低くなります。

一般的にファクタリングでは、利用者の与信よりも売掛先の与信のほうが重視されます。

それは掛先の与信のほうが回収不能リスクに直結するためです。

調剤報酬ファクタリングの売掛先は国です。

売掛先が国ならば安心して債権譲渡を受けてよい、とファクタリング会社も考えますので審査は緩くなります。

これに対して、金融機関で借り入れ行うと、借りる人自身の与信が判断されますので、調剤報酬ファクタリングに比べて審査ハードルが上がります。

そのため、財務状況があまり芳しくない薬局が大きな資金調達を行うと、審査に落ちる可能性が高くなります。

調剤報酬ファタリングのデメリット・注意点

メリットの大きい調剤報酬ファクタリングですが、次のようなデメリットや注意点もあります。

調剤報酬ファクタリングのデメリット・注意点

  • 満額では報酬を受け取れない
  • ファクタリング利用時に諸費用が発生する
  • 借入ほど資金調達ができない

メリットよりもデメリットが上回ってしまう場合には、他の資金調達手段を考えるなどの対応策が必要なこともありますので、判断のために以下でデメリットについて説明します。

満額では報酬を受け取れない

調剤報酬ファクタリングではファクタリング会社へ手数料を支払う必要があります。

先ほどご説明した通り、掛目のために出た差額はレセプトの審査で問題がなければ、後ほど支払われますが、手数料はその際に引かれます。

手数料率は一般のファクタリングと比べても、また融資の場合の金利と比べても低いのですが、満額を受け取れない点はデメリットになります。

このデメリットと、資金が手に入る時期が短縮できることにどれだけのメリットがあるか比較して考える必要があるでしょう。

ファクタリング利用時に諸費用が発生する

調剤報酬ファクタリングには、手数料に加えて以下の諸費用が掛かります。

ファクタリング利用時に発生する諸費用

  • 通知の際の内容証明作成費用
  • 書留郵便代
  • 振込手数料
  • 債権譲渡契約の印紙代

これらの費用はよく確認して各項目と金額に不明点がないようにしておきましょう。

なお、調剤報酬ファクタリングは、国保や社保に内容証明で通知をし、支払もこれらの公的機関を通すため、二重払いの危険はほとんどありません。

そのため、3社間ファクタリングで要求されることがある債権譲渡の登記代はいりません。

ファクタリング会社により、費用の設定にも違いがありますので、金額の詳細は、手数料と一緒にファクタリング会社へ問い合わせておき、疑問がないようにしておきましょう。

借入ほど資金調達できない

調剤報酬債権をファクタリングで譲渡できるのは、2か月分が上限です。

これは国保や社保に対して既に発生している調剤報酬の金額が上限となるためです。

例えば、設備の購入などに合わせて大きな額の資金調達をする場合には、調剤報酬ファクタリングの2か月が上限になっていることにより、調達額が不足することがあります。

そうした場合、銀行融資を検討するなどの対策が必要になります。

さらに、2か月分の買取が前提だとすると、いつの時点でどの月の調剤報酬債権を買い取ってもらうのが適切になるか、入金のタイミングと資金繰りの見通しをあらかじめ考えてファクタリングの取引を行うことが必要です。

診察報酬ファクタリングの仕組みを知ろう

薬局が早期に手元に資金が欲しいときに、調剤報酬ファクタリングは便利な資金調達手段です。

薬局の事業に入る取引全般に資金を使うことができる自由さもメリットの一つです。

調剤報酬ファクタリングは、債権の迅速な現金化により資金繰りを改善させますが、手数料で満額の支払いが受けられないことや、より高額な資金調達を必要としている場合は、融資も考えるなどの対応が必要になることは理解しておくとよいでしょう。

薬局経営に資金繰りの悩みがある、あるいは資金繰りの見通しが立てにくいという場合、早期に改善するため、調剤報酬ファクタリングの検討をしてみませんか。

-ファクタリング

© 2020 資金調達アンテナ Powered by AFFINGER5