ファクタリング

ファクタリングのウィットの口コミ・評判!手数料や入金スピードも解説!

数多くのファクタリング会社から、利用する1社を決めるなら、十分に比較検討したうえで安心感のある会社を選びたいものです。

ここでは、ファクタリングのウィットの基本情報、強み、利用方法、口コミを紹介しているので、ぜひ比較検討の際に参考にしてみてください。

ウィットの基本情報

株式会社ウィットは、東京都に本社を置くファクタリング及びコンサルティング会社です。

東京のほかには、仙台と福岡に支社を構えています。

拠点の数は全国に3つですが、ファクタリングは全国対応、しかも非対面式契約を採用しているので、地方の事業者でも簡単に利用可能です。

また、ウィットは小口専門のファクタリングサービスを提供しており、少額の売掛債権でも問題なく買い取ってくれます。

非対面方式のファクタリングや、小口専門のファクタリング会社を探している人には、ウィットがおすすめです。

資金化スピード 買取可能額 対応エリア
最短2時間 30~500万円 全国
営業時間 設立 個人事業主への対応
9:00~18:00 2016年11月4日
2社間/3社間への対応 手数料(2社間) 手数料(3社間)
◯両方対応 記載なし 記載なし
医療ファクタリング 建設業ファクタリング 商品在庫ファクタリング
記載なし

ウィットのファクタリング

ファクタリングには大きく分けて「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類があり、ウィットで取り扱っているのは「2社間ファクタリング」だけになります。

ここからは、ウィットのファクタリングについて手数料、入金スピード、買取可能債権額といった基本情報をみていきましょう。

ウィットのファクタリング

  • 手数料
  • 入金スピード
  • 買取可能債権額

手数料

ウィットは、公式ホームページ上では手数料を公開していません。

まずは、一度ウィットに相談して見積りをとることをおすすめします。

手数料の一般的な相場は2社間ファクタリングで10~30%、3社間ファクタリングで1~9%です。

ウィットの手数料が相場と比較して安価なのかどうかを確認してから申し込みましょう。

入金スピード

ウィットは、ファクタリング会社のなかでも入金スピードが早いといえます。

公式ホームページによると、なんと最短で申込から2時間で入金がかなった事例もあるとのことです。

すべてのファクタリングで2時間での入金が可能というわけではありませんが、小口の売掛債権をスピーディに資金化したい人は、一度ウィットに相談することをおすすめします。

買取可能債権額

ウィットは、小口の売掛債権専門のファクタリング会社で、買取可能債権額は30~500万円です。

小口の売掛債権専門とすることで、無駄な手間を削減し、手数料などのコストカットを実現してくれています。

小口の売掛債権を安価にファクタリングしたい事業者にとっては心強い味方といえるでしょう。

ウィットのメリット・強み

ウィットのファクタリングを利用すると、どのようなメリットを受けられるのでしょうか。

ここからは、ウィットのファクタリングならではの強みを3つ紹介していきます。    

ウィットのメリット・強み

  • 買取金額下限30万円で、95%の買い取り実績
  • 非対面で契約が可能
  • 経営コンサルティングが充実

買取金額下限30万円で、95%の買い取り実績

ウィットは買取金額の下限を30万円に設定しています。

これは、数あるファクタリング会社のなかでも低い設定です。

ほかのファクタリング会社には「小口すぎるから」と断られた場合でも、ウィットなら対応してくれる可能性があります。

売掛債権が少額であることを理由にファクタリングを断られた経験のある事業者は、一度ウィットに相談してみましょう。

非対面で契約が可能

ウィットは、完全非対面でファクタリング契約締結ができるファクタリング会社です。

従来のファクタリングは、申込みから契約締結までの間に、一度は必ず担当者と対面して手続きを行う必要がありました。

ウィットはスマホ一台さえあれば全国どこにいてもファクタリングが利用できます。

非対面でスピーディにファクタリング手続きを進めたいなら、ウィットのファクタリングを利用しない手はありません。

経営コンサルティングが充実

ウィットが提供するサービスはファクタリングだけではありません。

ウィットは、ファクタリングと同じように、経営コンサルティングサービスも充実しています。

特に、資金調達に悩む中小企業に対する徹底したコンサルティングには定評があるので、中・長期的な資金繰りの改善をきめ細やかにサポートしてくれるでしょう。

ウィットの利用の流れ・必要書類

ここからは、ウィットのファクタリング手続きについて詳しく解説していきます。

ウィットの利用の流れ・必要書類

  • 申し込み
  • ヒアリング
  • 書類提出・審査
  • 契約

申し込み

ウィットのファクタリングの申込方法は次の3つです。

  • 公式ホームページの申込フォーム
  • 電話
  • LINE

スマホ一台あれば申込可能なので、急ぎの場合にもぴったりといえます。

なお、LINEから申込ができるファクタリングサービスは非常に珍しいです。

LINEならではのスムーズなやりとりが期待できます。

ヒアリング

申込後は担当者から電話がかかってきて、簡単なヒアリングが実施されます。

ヒアリングで質問されるのは、下記のような事項です。

  • 利用者の基本情報
  • 売掛先の基本情報
  • 売掛債権額
  • 入金希望日
  • ファクタリングで得た資金の使途
  • 利用者が会社の場合は、代表者の情報

質問には即座に答えられるように、手元には資料を用意しておくことをおすすめします。

書類提出・審査

ヒアリング後、必要書類の提出を求められます。

ウィットのファクタリング審査の際に提出を求められる書類は以下のとおりです。

  • 決算書直近2期分
  • 通帳コピー6カ月分
  • 成因証書(契約書・発注書・請求書など)
  • 登記簿謄本
  • 運転免許証(両面)

また、契約の際には下記書類を用意しておく必要があります。

  • 登記簿謄本(利用者が法人の場合)
  • 法人及び代表者個人の印鑑証明書(利用者が法人の場合)
  • 利用者個人の印鑑証明書(利用者が個人事業主の場合)
  • 納税証明書

実際は、必要書類やその通数についてメールで案内を受けることができます。

ケースバイケースで、必要な書類は違ってくるので、上記はあくまで基本的な必要書類としてご参照ください。

契約

審査に通過後、すぐにファクタリング契約に進むことができます。

完全非対面のファクタリング契約なので、契約書はオンラインで受領後、利用者が捺印し、契約書の写しをウィットにメールで送信という流れです。

捺印後の契約書をウィットが確認し次第、利用者の口座に代金が入金されます。

完全非対面なだけあって、スピーディに手続きが進めば申込みから数時間で入金が叶うというのがウィットの最大の魅力です。

ウィットの口コミ・評判

ここからは、実際にウィットを利用して「良かった」「助かった」という事業者の口コミをいくつかピックアップして紹介していきます。

業種不明

担当者と話した時から、「ウィットは信用できる」と直感的にわかりました。現に、コンサルティングもファクタリングも非常に安心感があり、常々、利用して良かったなぁと感じています。初めての利用がウィットで良かったです。

業種不明

300万円のファクタリングも即審査を通してもらえて、本当に助かりました。担当者と話していても、経験豊富で場慣れしていることが伝わってきて好感がもてます。やはり、大手は違います。初めてのファクタリングがウィットで本当に良かったです。

飲食業

資金繰りが悪化し、銀行融資は断られ、一時は倒産を覚悟するほどでした。ウィットは、そんな赤字経営の会社に対してもファクタリングを快く引き受けてくれたため、倒産の危機を回避することができました。本当に感謝しています。

輸入業

ウィットを利用して良かったと思うポイントは、やはり「対応のスピーディさ」です。相談のメールを送ると、すぐに電話がかかってきて、ファクタリング手続きに進むことができました。小口の売掛債権だったので、ファクタリングは難しいと思っていたのですが、無事に資金化できて良かったです。

執筆業

設備投資でキャッシュが底をついたタイミングで、まさかの売掛金の不払い。当面の資金繰りをどうすべきか、と途方にくれていたところ、ウィットのファクタリングに助けられました。個人事業主の小口売掛債権でもスピーディに買い取ってもらえたので、本当に良いファクタリング会社だと思います。

-ファクタリング

© 2020 資金調達アンテナ Powered by AFFINGER5