ファクタリング

ファクタリングのOLTA(オルタ)の口コミ・評判!手数料や入金スピードも解説!

ファクタリングに「資金化までの早さ」を第一に求める人もいれば、「手数料の安さ」を最重要視する人もいます。

OLTAは、早さと安さという2つのメリットを一石二鳥で得られるファクタリングサービスです。

ここでは、OLTAのファクタリングについて、手数料や入金スピード、手続きの流れ、口コミなどを紹介しています。

OLTA(オルタ)の基本情報

OLTAはOLTA株式会社が提供するファクタリングサービスです。

東京都港区に本社を構えており、地方に支社はありませんが、サービス自体は全国展開しています。

OLTAは、AIを駆使した、新しいタイプのファクタリング会社です。

膨大なデータに基づく独自のAI審査を採用しており、審査にかかる時間や人の手を要するような手続きを大幅に削減することで、手数料の低減を実現しています。

社会からの注目度も高く、創業からわずか2年でファクタリングの申し込み金額は100億を突破しているということです。

OLTAのクラウドファクタリングなら破格の手数料でスピーディに売掛債権の資金化を叶えることができます。

資金化スピード 買取可能額 対応エリア
最短即日 記載なし 全国
営業時間 設立 個人事業主への対応
10:00~18:00 2017年4月
2社間/3社間への対応 手数料(2社間) 手数料(3社間)
2社間のみ 2~9%
医療ファクタリング 建設業ファクタリング 商品在庫ファクタリング
不明 不明 不明

OLTA(オルタ)のファクタリング

OLTAは「クラウドファクタリング」と銘打ったファクタリングサービスを提供しています。

取り扱いは2社間ファクタリングのみなので、3社間ファクタリングは利用できません。

ここからは、OLTAのクラウドファクタリングの基本情報について紹介していきます。

OLTA(オルタ)のファクタリング

  • 手数料
  • 入金スピード
  • 買取可能債権額

手数料

OLTAのファクタリングは2社間ファクタリングとしては破格の手数料を売りにしています。

2社間ファクタリングの手数料の相場は10~30%ですが、オルタの2社間ファクタリング(クラウドファクタリング)なら2~9%です。

この手数料の安さは、一般的な3社間ファクタリングに相当します。

OLTAは、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの良いとこ取りをした、画期的なファクタリングサービスです。

一度でも利用すれば、「2社間ファクタリングは手数料が高い」というイメージは完全に打ち壊されるでしょう。

入金スピード

OLTAは契約から入金までのスピードにも定評があります。

申込から契約までの手続きさえスピーディに終われば、入金は契約の当日に行われるでしょう。入金スピードを支えているのは審査の速さです。

独自に開発されたAIが、どのような売掛債権であっても24時間以内にファクタリング可否に関する審査を完了させます。

買取可能債権額

OLTAのファクタリングでは、買取可能債権額に上限と下限はありません。

つまり、利用者が希望する額をファクタリングの対象にできるということです。

小口であろうと大口であろうとOLTAなら資金化できるので、大規模法人でも中小企業でも、個人事業主でも使いやすいファクタリングサービスといえます。

OLTA(オルタ)のメリット・強み 

ここからは、OLTAのファクタリングの人気を支える独自の強みやメリットを紹介していきます。                  

OLTA(オルタ)のメリット・強み

  • AI活用によるスピード審査
  • WEB完結
  • 手数料が安い

 AI活用によるスピード審査

OLTAは、膨大なデータに基づくAI審査を採用しています。

人力による審査では結果が出るまでに1日、2日以上の期間を要することもめずらしくありません。

その点、OLTAのAI審査ならどんな売掛債権でも24時間以内に審査を終わらせます。

少しでも早く売掛債権の審査を終わらせて契約に進みたいのであれば、OLTAを利用しない手はありません。

WEB完結

OLTAのファクタリングはWEB上ですべてが完結します。

申込後、契約までに一度は面談が必要というファクタリング会社が多い中、OLTAなら面談不要で契約まで進めるため、貴重な時間を節約できます。

必要書類の提出もすべてオンラインで可能なので、郵送によるタイムラグなどで資金調達に遅れが生じる心配もありません。

手数料が安い

OLTAの2社間ファクタリングの手数料は2~9%です。

2社間ファクタリングにしては、「ありえない」といえるほどの手数用の安さで売掛債権を簡単に資金化できます。

資金化までのスピード感と、手数料の安さという2つの大きなメリットがOLTAのクラウドファクタリングの人気を支えているのです。

OLTA(オルタ)の利用の流れ・必要書類

ここからは、OLTAでファクタリングを行う場合の手続きの流れについて、順を追って説明していきます。

OLTA(オルタ)の利用の流れ・必要書類

  • アカウント登録
  • 申込み、書類提出
  • 見積もり・契約

アカウント登録

OLTAのファクタリングを利用するためには、まずは、OLTAの公式ホームページから利用者登録を行います。

登録の際には、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。

登録は無料で、月額の利用料などはかかりません。

申込み、書類提出

登録後、必要書類をオンラインでアップロードしたうえで申込みします。

基本的な必要書類は、以下のとおりです。

必要書類

  • 本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカードのいずれか1種類)
  • 請求書
  • 事業用口座の通帳のコピー(7ヶ月前の1日~直近まで)。法人なら決算書に記載されているすべての口座についてコピーが必要。
  • 法人なら直近の決算書、個人事業主なら直近の確定申告書

上記の書類は、可能な限り事前に手元に揃えておきましょう。

事前準備を念入りに行っておくことで、入金までのスピードが早くなります。

見積もり・契約

提出した必要書類等の情報を参考にして、AIが審査を行います。

買取可能かどうかについての審査を含め、申込みから24時間以内に見積もりが送られてくるのが通常です。

見積り額に利用者が納得したら、契約に進みます。

納得できない場合はキャンセルも可能です。

契約が完了したら、すぐに売掛債権の売買代金が振り込まれます。

ただし、時間帯によっては、翌日の入金になることは念頭に置いて置きましょう。

OLTA(オルタ)の口コミ・評判

実際にOLTAでファクタリングを利用した人の口コミは何よりも参考になります。

ここからは、OLTAを利用した人の体験談をピックアップして紹介しているので、比較検討の材料にしてみてください。

業種不明

知人の税理士に進められて、OLTAのファクタリングの利用を決めました。驚いたのは、申込から24時間以内にファクタリング契約が完了し、資金の入金が叶ったことです。税理士の紹介ということもあり、安心して利用できました。

販売業・近畿エリア

小口の売掛債権をファクタリングできるファクタリング会社を探していたところ、OLTAに出会いました。他のファクタリング会社とはちがって、すべてWEB上で手続きを勧められたのが簡単かつ便利で良かったです。24時間以内の入金も叶ったので、満足しました。

業種不明

取引先から、急に「支払いが遅れる」という旨の連絡があり、あわてて資金調達方法を探しました。OLTAを選んだ理由は、手数料がとても安かったからです。こんなに安いのなら、もっと早いうちから利用しておけば良かったと後悔するほどでした。

工事業・関西エリア

原材料を安価に仕入れるためには、現金払いが必須です。手元にキャッシュが不足していたので、仕入れに困っていたのですが、OLTAに助けられました。他のファクタリング会社よりもかなり低い手数料で利用できたので、感激しています。

製造業・北海道

知人からの紹介でOLTAの利用をスタートしました。ファクタリングは初耳だったので、最初は警戒していましたが、メガバンクの人間もOLTAを推薦していたと知り、安心感がうまれました。不都合なく利用できているので、紹介してもらえて良かったです。

-ファクタリング

© 2020 資金調達アンテナ Powered by AFFINGER5